テクニック

【練習】【考え方】練習で意識すべきこと、取り組み方

わたくしなりに練習で意識すべきだな〜と思うことを書いてみました。

今回のブログはマスターズ(大人の方)というより、学生に向けてのブログのつもりです。

もちろんマスターズの方も参考にしてみてください!

練習メニューで頑張るポイントを絞る

その日の練習メニューを最初にコーチが提示してくれる場合、

自分の中で今日のメインを作ることが大切だと考えます。

「コーチがメニューを考えて提示してくれたのに全部がんばらないのか?」

と、反感を買いそうな考え方ですが、

コーチの考えたメニューは

あなた1人のためのメニューではありません。

たいていはメイン選手やそのクラスに応じたメニュー作成になるため、

ある程度のボリュームを作ることになります。

わたくしの経験ですが、

大学のメニューは全部を頑張ることができず、

アップの段階でクタクタになっていました笑

こうなってしまうと、本当に頑張らないといけないところで頑張れません。

人間、そんなに頑張れない

メニュー全提示スタイルのパターンだと、

その日の自分のメンタル次第で取り組み方も変わるかと思います。

そうなっちゃいけないと思っていても

そうなってしまうのが人間です。

全部のメニューを確認して

「今日はイヤだな〜〜〜」

と思うのではなく

「ここだけは頑張ろう」

と思えるといいですね!

意外と大事なテクニックです・

頑張り過ぎないことを頑張る

これはわたくしの実体験というか反省点になります。

水泳は強く掻けば速く進めるというわけではありません。

【きちんと水をとらえ、抵抗を極力減らした姿勢で、しっかり水を掻く】

が大切です。

わたくしは小学生時代から同年代より力も強いし体も大きかったので、目一杯力を込めればだいたい負けませんでした。

ただそういうクセがついてしまったせいで、高校から伸び悩みベストを更新するまでものすごく時間がかかってしまいました。

「頑張らずに速く泳ぐ」というのは言葉にすると簡単ですが、実行するのは本当に難しいと思います。

日々の練習でこの言葉の意味を少しでも理解してもらえればわたくしのように果てしないスランプを味わうことがないかと思います。

頑張りすぎると顔がデカくなりますよ

意味を理解する(自分に必要なことをイメージする)

練習の意味を理解して取り組むことと

脳汁垂れ流しでただ提示されたメニューに取り組むのでは

雲泥の差が出ます。

もちろん!たまには無心でこなすことも大切かと思いますが何も考えないことは自分の成長を止めている行為です。

わたくしの大好きな筋トレに「意識性の原則」というものがあります。

このトレーニングはこの部位を強くしている

という風に考えながら行うのと、何も考えずトレーニングを行うのでは効果に差が出るという、科学的根拠のある原則です。

水泳のトレーニングにも意識性の原則は当てはまっていると考えるので、このブログを読んだ次の練習から、練習の意味を意識して取り組んでみてください。

コツやポイントを求めるのは全国大会に出れるくらいになってから

まとめになりますが、

さんざんいろいろ書きましたが、、

結局ですが、、、

まずは練習をこなしましょう!

最近はマスターズスイマーのタイムが上がってきていますし、わたくし自身も週に1回のスイム+筋トレで現役時代のタイムをほぼほぼ維持できていますが、

それは大学時代のベース練習があったからです。

特に練習もせずにコツやポイントだけを抑えてある程度のタイムを出せるほどスポーツは甘くないです。

まずは

”しんどすぎず、でも楽じゃない程度”

の強度で練習を積みましょう!

パーソナルトレーニング承ります

エクスカリバー水泳教室ではパーソナルスイムレッスンを行なっています!

・速くなりたい方
・泳げない方

どんなレベルの方でも対応いたします!

ゆーじへのお問い合わせはこちらNariへのお問い合わせはこちら

ABOUT ME
ゆーじ
マスターズ世界1位、アジア1位などトップレベルのスイマーが所属するマスターズチーム【Excalibur】です!このブログはメンバーの「ゆーじ」が運営しています! 各SNSにて水泳やトレーニングに関する有益情報を発信中!チェックしてみてください!愛知県、大阪府を中心にパーソナルレッスンのご依頼も承ります。