食事、健康情報

夏太りに引き続き・・・【夏バテ】になる原因と対策

夏太りに引き続き・・・【夏バテ】になる原因と対策

冬は寒さに対抗するために様々な準備をしているとは思いますが、
夏は夏で様々な準備をしていることでしょう。
環境の変化が激しいと対応のために準備が忙しいですよね。
身の回りの準備・対策だけでなく身体の対応のための準備はしていますか?
みなさんこんにちは
紫外線を気にするようになった自分の気持ちの変化に驚きを感じています
愛知県岡崎でパーソナルトレーニングジムやってます
エクスカリバーの田中祐次です。
今回はテレビやニュースサイトでもそろそろ取り上げられてくるであろう
【夏バテ】
について、原因と対策をお伝えしていきたいと思います。
楽しい夏を迎えられるように、今のうちから知識を取り入れて準備をしておいてください。

【夏バテ】の原因

夏バテになる原因をご存知ですか?
簡単にいえば、夏バテは
「軽度の熱中症」という状態です。
身体の中の熱が中にこもるために起こります。
夏は気温が高いため熱が外に逃げなかったり、湿度が高くて汗が蒸発しにくいため、身体の中の熱が外に逃げていかず
夏バテや熱中症になってしまうというわけです。
症状としては
•怠さ
•疲れやすい
•食欲不振
などがあるかと思います。
高温、多湿の環境に長くいたり、水分補給が上手くできていないことによる脱水状態
暑い場所から涼しい場所への移動による環境の変化
これが夏バテになる主な原因です。

【夏バテ】」になる悪い環境と対策

夏バテはどんなに屈強な肉体を持つ男性であろうが、タフなアスリートであろうが
なる時はなります!
ではどんな環境だとなりやすいのか。
それぞれ身近なシチュエーションで例えて、そうなった場合の対策とともにお伝えしていきますね。

ケース①屋外活動が多い運動部生徒

部活に励む学生の熱中症による死亡事故を毎年ニュースで見るようになった気がします。
わたくしが学生の頃は、35度以上の気温になることはレアな日でしたが、最近はザラな日になってきましたよね。
サラリーマン時代、39度の中外回りをしていた時は、黒い革靴が太陽に焼かれ「熱っつー!!!」と道端で叫んだこともあります。
話がそれてしまいましたね。
部活動に励む学生、特に屋外で活動している部活生は危険です。
まず第1に太陽に直接さらされることで、紫外線のダメージを目から受けることになります。
温度や水分ばかりに意識が向きがちで、女性はともかく男性は紫外線のことなんてたいして気にしていません。
なんなら「日焼けできて最高!キャッホー!」なんて思っているくらいです(←わたくし)。
肌はもちろん、目から受ける紫外線のダメージも、みなさんが思っているよりはるかに大きいものです。
これも夏バテの原因になることもあります。
そして第2に体感温度にも大きく差が出てきます。
気温30度で日向と日陰の違いを測定した実験によれば、
日向での地面の温度はなんと50度
日陰だと32度でほぼ変化なし
という実験もあります。
炎天下の状態というのは、ストーブを用意されているようなものなので、それくらいの危機感を持って活動しましょう。

ケース①対策方法

個人的に屋外スポーツの方はサングラスの着用をおすすめします。
中学生でも高校生でも調子に乗っているなどの理由でやらせない理由はナンセンスだと思います。
わたくしの経験は水泳になりますが、水泳部の方はミラーゴーグル推奨、あと暗い色のレンズ推奨。
シルバーミラータイプが夏はおすすめです。
あと暑いからといって肌を露出し過ぎることも控えた方がいいかと思います。
地肌の色が白い方は日焼けのダメージも色が黒めの方より大きくなってしまいます。
最近は高機能インナーなどが各メーカーから安価で販売されているので、そういったものを利用してもいいかもしれません。
水分補給に関しては1時間に一回なんて悠長なことは言わず喉が乾いたら、できれば乾く前に水分補給を行いましょう。
ベストな水分は経口補水液ですが、用意する手間やコストは現実的ではないと思います。
なのでそういった方におすすめなのは、清涼飲料水を水で薄めたものです。
アク○リアスやポ○リスエットなどを水で薄めると経済的にも肉体的にも嬉しいかと思います。
実際、大学の部活中はほんのり味付きほぼ水みたいなドリンクをマネージャーさんが作ってくれていました。
その節はありがとうございます。

ケース②もったいないからと家族が出ている時間は冷房を付けない方

冷房って電気代がかかってくるから家族が外出中は冷房を付けないで耐え忍ぼう!
と考える方(主に主婦)は多いかと思います。
その倹約精神はとてもすばらしいです。
ただ、冷房を付けないことのデメリットにも目を向けてみてください。
•温度の上昇による発汗からのストレス
•多湿による不快感
•熱中症になった際の家族への負担
一家の大黒柱は旦那様だけではありません。
家事をこなしてくれている奥様が体調を悪くすることで家族の生産性が低下することも大きなダメージです。
ね?少しはご自身の体調も気遣ってあげましょう。
暑さによるストレスは犯罪率の上昇も招きます。
南米で犯罪件数が多いのは暑さも理由の一つ”らしいです”。
なのでガンガン冷房は使っちゃいましょう!

ケース②の対策と注意点

冷房を使いましょうと言いましたが、使う際の注意点をお伝えします。
家にいる時はガンガン使いましょうとお伝えしましたが、
暑い場所、冷房の効いた場所の行き来が多い方は自律神経が乱れてしまう可能性もあるので、なるべく暑い場所での作業を控える、または終わらせてから冷房の効いた環境で過ごすようにしましょう。
温度は26度前後にしましょう!
16度など最低温度に設定すると、外に出た時の気温差で自律神経が乱れてしまいます。
冷房の風を浴び続けることは控えましょう。
自律神経が乱れてしまいます。
と、自律神経を連発してきました。
夏バテは自律神経の乱れも影響するので、なるべく環境の変化は小さくしましょう。
16度設定の冷房+裸+毛布=最強
と、若い方はよくいいますが夏バテの原因なので控えることをおすすめします。
ABOUT ME
ゆーじ
マスターズ世界1位、アジア1位などトップレベルのスイマーが所属するマスターズチーム【Excalibur】です!このブログはメンバーの「ゆーじ」が運営しています! 各SNSにて水泳やトレーニングに関する有益情報を発信中!チェックしてみてください!愛知県、大阪府を中心にパーソナルレッスンのご依頼も承ります。