食事、健康情報

笑うだけで健康になれる!? 『笑い』が持つパワーについて

笑うだけで健康になれる!? 『笑い』が持つパワーについて

突然ですが今日は笑いましたか?
えっ!?まだ笑ってない!?
いけませんね〜せっかくのステキなあなたの魅力が半減していますよ
最近のコロナの影響で、あまり人に会っていなかったという方・・・

笑う機会が減っていたかもしれませんね。

あるいは、『STAY HOME』の影響を受けて、知らず知らずのうちに体の中にはストレスもSTAYしていたのかもしれません。
ただそんな方も、この記事を読み終わったころには笑いたくてしょうがない気分になっていることでしょう (≧▽≦)
みなさんこんにちは!
バラエティー番組大好き
体だけでなく笑い声も大きい
愛知県岡崎市でパーソナルトレーニングジムやってます
田中祐次です。
今回は、『笑い』についてのお話になります。
とはいっても、これを読んで大爆笑していただけるような内容ではありませんよ・・・

『笑い』がもたらす6つの効果

お腹の底から笑うと、心も体もスッキリして元気になった気がしませんか?
実際に、『笑い』が心や体によいということは、医学的に実証されつつあるようです。
さらに、最近では病気の予防や治療においても注目を浴びているんです!
具体的には、『笑い』には以下の6つの効果があるといわれています。

①免疫力のアップ

『NK細胞』って、聞いたことないですか?

これは、『ナチュラルキラー細胞』のことで、人間の体内にはNK細胞が50億個もあるそうです!

そのNK細胞の働きが活発だと、がんや感染症にかかりにくくなり、血糖値を下げる効果や、アトピーを改善させる効果もあるといわれています。

②運動効果

笑っているときは心拍数や血圧が上がり、呼吸が活発となって酸素の消費量も増えます。

これは、例えるなら『内臓のトレーニング』の状態です。

静かに過ごすより笑っている方が、カロリーの消費量が多くなります。

大笑いするとお腹や頬が痛くなるように、腹筋、横隔膜、顔の表情筋などをよく動かすので、多少ながら筋力を鍛えることにもなります。

30秒間笑うと、3分間散歩したのと同じ運動効果があるといわれています。

5分笑えば30分の散歩ですよ?時間のコスパ最高ですね。

③血行促進

思いっきり笑ったときの呼吸は、深呼吸や腹式呼吸と同じような状態です。

体内に酸素がたくさん取り込まれるため、血の巡りがよくなって新陳代謝も活発になります。

④自律神経のバランスが整う

笑うことによって、交感神経と副交感神経のスイッチが頻繁に切り替わるようになり、自律神経のバランスが整います。

⑤脳の働きが活性化

脳の海馬は、新しいことを学習するときに働く器官です。

笑うと海馬が活性化されて、記憶力や思考力がアップします。

⑥幸福感と鎮痛作用

笑うと脳内ホルモンであるエンドルフィンが分泌されます。

この物質は幸福感をもたらすほか、モルヒネの数倍の鎮静作用で痛みを軽減するといわれています。

免疫力アップのカギ『NK細胞』を活発にさせるために心がける6つのこと

NK細胞の働きを活発にしてがんや感染症に強い体を保つには、日常でいくつかの心がけが必要です。
NK細胞は悲しみやストレスによって働きが鈍くなり、免疫力もパワーダウンしてしまいます。
まずは、次の6つのことを心がけましょう。
①毎日7~8時間の睡眠
②適度な運動をできれば毎日、少なくとも週3回は続ける
(過労やストレスとなるほどの激しい運動は、かえってマイナスになります。適度な運動を心掛けてください)
③自分の好きなことを見つけて熱中する
④心身両面の過度なストレスや疲労をなるべく避ける
⑤心配や不安、悲しみは、なるべく短い時間で解決・乗り越える
⑥特に面白いことがなくても、笑顔を心掛ける

『作り笑い』でも効果はある!?

上記のポイント⑥の「特に面白いことがなくても、笑顔を心掛ける」を疑問に思った方がいるかもしれませんので説明を。
最近の研究で、『作り笑い』するだけでも、心から面白いと笑ったときと同じ効果が体に起こることが明らかになってきました。
『作り笑い』にもストレス解消効果があり、ストレスが解消されるとNK細胞が活性化され、免疫力もアップするそうです。
『作り笑い』のおすすめの方法として、鏡の前に立ち声を出さずに2分間だけ笑顔を作るとよいそうです。

まとめ

ただ笑うだけで体調が整い、心や体によいなんて、笑わないのは損ですよね!
ではここでおさらいです!
『笑い』には
①免疫力アップ
②運動効果
③血行促進
④自律神経のバランスが整う
⑤脳の働きが活性化
⑥幸福感と鎮痛作用
と、こんなにたくさんの効果があるんです!

『作り笑い』でも効果は得られるので、
「そういえば今日はあんまり笑ってないな」
と感じたときには、『作り笑い』をしてみましょう!
ただし、人前で作り笑いしすぎて、変態だと思われないように気をつけましょう!
子どもは1日に約300回笑うといわれていますが、大人では約20回と、年齢を重ねるごとに笑う回数は減る傾向にあるようです。
ここ数年の研究で笑えば笑うほど体調が整うというデータも出ています。
みなさんもたまには子どもの頃を思い出して、1日300回笑ってみてはいかがでしょうか (≧▽≦)
ABOUT ME
ゆーじ
マスターズ世界1位、アジア1位などトップレベルのスイマーが所属するマスターズチーム【Excalibur】です!このブログはメンバーの「ゆーじ」が運営しています! 各SNSにて水泳やトレーニングに関する有益情報を発信中!チェックしてみてください!愛知県、大阪府を中心にパーソナルレッスンのご依頼も承ります。