トレーニング、ダイエット

太らないおつまみ3つの条件

みなさんこんにちは!

愛知県岡崎市でパーソナルトレーニングジムやってます

田中祐次です。

太らないおつまみ3つの条件

夏に向けてダイエットやボディメイクに励まれている方の中で、お酒が好きな人はいますか?
お酒を飲むときは、おつまみが必要ですよね。
お酒を飲むと太ってしまうと思っているみなさん。実は太りにくいお酒もあるんです。
しかし、太りにくいお酒を知っていたとしても、おつまみ次第では太ってしまう可能性があります。
そこで今回は、太らないおつまみの条件をご紹介いたします。
ご自宅でも、外食でもお酒を飲まれる際に参考になるので、是非最後までお付き合いください!
太りにくいお酒について知りたい方は、記事が出るまでお待ちください。

太らないおつまみの条件①低糖質

太らないおつまみのイメージは枝豆や焼き鳥など野菜やお肉など糖質があまり含まれていないものですよね。
糖質は体を動かすのに必要なエネルギー源です。
運動するには糖質が必要ですが、活動量が少ない時間帯に多くの糖質を取ってしまうと太る原因に。
お酒の糖質と合わさると知らないうちにたくさんの糖質を取ってしまうことになります。
締めにラーメンなどを食べてしまうとあっという間に体重が増え、見た目も変わってしまいます。
太らないおつまみ1つ目の条件は糖質が少ないことです。

太らないおつまみの条件②低カロリー

太らないおつまみは低カロリーなものが多いです。
一日の摂取カロリーが増え、消費カロリーを上回ってしまうと太ってしまう原因に。
お酒にもカロリーが含まれているので、おつまみは低カロリーなものを選ぶ必要があります。
低カロリーの食品かどうかは、油や脂質の量を見れば一目瞭然。
脂質には、1gで9kcalのエネルギーが含まれています。
揚げ物など調理の際に油を多く使うものや、バラ肉など脂の多い部位はそれだけ高カロリーになるので、お酒を飲む際は脂質を避けましょう。
太らないおつまみ2つ目の条件は脂質が少なく低カロリーであることです。

太らないおつまみの条件③高タンパク

三大栄養素の糖質、脂質が低いものを選ぶだけではいけません。
低糖質かつ低脂質で高タンパクなおつまみはとても太りにくいおつまみです。
タンパク質は筋肉をつけるために必要な栄養素です。
お酒には筋肉を分解してしまう性質があるため、なるべく高タンパクなおつまみにすることで筋肉の分解を抑えることができます。
また、糖質や脂質と違い、タンパク質は体のエネルギーとなる割合が少ないので余分な脂肪になる心配はありません。
鶏肉や豆腐、お刺身などおつまみには高タンパクなものを選びましょう。
太らないおつまみ3つ目の条件は高タンパクなことです。

太らないおつまみ3つの条件についてのまとめ

友人関係や職場での付き合いなど、ダイエット中でもお酒の場へのお誘いはありますよね。
お酒が好きだけどダイエットがしたいという方も大勢いらっしゃいます。
おつまみは、低糖質・低カロリー低脂質・高タンパクこの3つが絶対条件です。
この3つの条件に当てはまるおつまみは、焼き鳥や刺身、冷奴他にもまだまだたくさんあります。
お酒の種類以外におつまみにも気をつけてお酒を楽しんでいただければ、無理せずにダイエットやボディメイクを継続することができるので、今回ご紹介したことを参考にお酒を楽しんでいきましょう。
最後までご覧いただきありがとうございました!
ABOUT ME
ゆーじ
マスターズ世界1位、アジア1位などトップレベルのスイマーが所属するマスターズチーム【Excalibur】です!このブログはメンバーの「ゆーじ」が運営しています! 各SNSにて水泳やトレーニングに関する有益情報を発信中!チェックしてみてください!愛知県、大阪府を中心にパーソナルレッスンのご依頼も承ります。