食事、健康情報

鶏胸肉は【安い・高タンパク・低カロリー】、家計と筋肉の強い味方

鶏胸肉は【安い・高タンパク・低カロリー】、家計と筋肉の強い味方

自炊はしていますか?
最近は女性だけでなく男性も自炊をする世の中です。
外食よりもお金がかからず、たんぱく質も多く摂れるので、筋トレをがんばっている方は自炊をしている方が多いのではないでしょうか?
自炊するとモテるみたいですよ。
根拠はありません。
だってわたくし・・・

相手がいませんから!!!!!

こんにちは
自炊生活も4年目
大学からだと8年目
自炊しててもモテないパーソナルトレーナー
愛知県岡崎市でパーソナルトレーニングジムやってます

エクスカリバーの田中祐次です。

(モテたい!!!!!)
おっとすいません
心の声が漏れていましたね。
自炊してもモテるかモテないかはその人次第だということはなんとなく分かっていると思いますが、家計を助けてくれることは間違い無いですよね?
飲食店の値段もちゃくちゃくと上がっていることですし。
今回はそんな大家族やトレーニー(トレーニングをがんばる方)だけでなく、全人類に食べていただきたい食材
【鶏胸肉】についてお話していきたいと思います!
(ビーガンの方は読まないでね)

鶏胸肉の栄養素【世間では注目されていない編】

先にまずは鶏胸肉の優れているマイナー情報からお伝えしていこうと思います。
メジャー情報はこの後出てくるので我慢してここも読んでくださいね。

イミダゾールペプチド

よくきく呼び方だと「イミダペプチド」
鶏胸肉にはイミダゾールペプチドという栄養成分が多く含まれています。悪玉の活性酸素を取り除き、自律神経を整える栄養効果があるため、疲労回復や持久力アップなど運動能力の強化に役立ちます。
渡り鳥やマグロ・カツオなどの長距離を泳ぎる魚などにも多く含まれていて、長く動き続けることができる理由がイミダゾールペプチドのおかげといわれているとか。
精神的な疲労や認知症の予防にも効果があるといわれているため、ストレス社会を生きる全ての方々に摂ってもらいたい栄養です。

ビタミンB6

筋肉を作るうえで大切なビタミン類の中でも、B系は重要です!
そのビタミンB6を鶏胸肉は多く含みます。
ビタミンB6は水溶性のビタミンなので、切る時は筋繊維を切るように包丁を入れましょう!
すいません、わたくしいつもかぶりついているので筋繊維を切るということがどういうことかヨクワカラナイデス。

最強の筋肉フード【鶏胸肉】

もはやここでお伝えするのは無意味だと思えるほどに、世間では健康食材として、そして筋肉食材としての地位を不動のものにしている【鶏胸肉】
知らない人は今までの人生損していましたがもう大丈夫です。
今日ですばらしさを理解してもらいます。

鶏胸肉が多くのトレーニーや主夫(わたくし)に支持される理由

その理由は圧倒的なコスパとたんぱく質!
100gあたりの金額で比較すると
•牛こま ・・・128円
•豚こま ・・・ 98円
•鶏ささみ・・・ 58円
•鶏胸肉 ・・・ 38円
(参考:田中トレーナーのスーパー調べ)
牛や豚と比較しこれだけ値段が違うとなると、特別な日でない限り鶏胸肉を選んでしまいますよね?
そしてたんぱく質に関しては
100gあたりのたんぱく質で比較すると
•牛かた ・・・ 19.1g
•豚かた ・・・ 18.5g
•鶏もも ・・・ 16.2g
•鶏胸肉 ・・・ 19.5g
ここでも牛かたと僅差にはなりましたが優勝です。
これを見てもまだ鶏胸肉をためらっている方
分かります。
分かりますよ。
理由はこれですね

【鶏胸肉】超絶パサパサ問題

そう!
値段も安く高タンパクなのに支持されない理由
たぶん多くの方がこの理由ではないでしょうか
「めっちゃパサパサする」
普通に生活をしている方であれば食事は美味しく食べたいのが当たり前です。
マズいものを美味しく感じることができるのは変態トレーニーだけです(言われてイヤな気はしませんが)。
ただ!それは少しの手間を惜しんだ結果だと思います。
それでは実際に田中トレーナーが自分で実践して、美味しかった「家庭でもできる簡単な方法」を2つお伝えして終わりにしたいと思います。

【鶏胸肉】を美味しく食べる調理法2選

1.茹でる

ただ茹でたわけではありませんよ!
①ジップロックに入れる
②水を入れた鍋に鶏胸肉を入れ沸騰するまで待機
③沸騰したら火を止めアルミホイルで蓋をし、鍋をなんでもいいからくるんで冷まさないようにする
④完成
という感じで作ったことがあります。
余熱で火を通すと鶏胸肉のパサパサ感がなくなりジューシーになるときいてやってみました。
確かに普通に放置で茹でた時と比べて、しっとりして柔らかくパサパサ感も感じず美味しく食べることができました。
が!
みなさんが同じ目に合わないように、この時の失敗をお伝えしたいと思います。
肉が分厚すぎた
なんの切り込みもいれずそのままジップロックに投入、しかも2枚同時投入したため思ったより火の通りが悪く、肉の分厚い方は食べた時にピンク色でした。
少し切り込みを入れるか、少食の方は1枚ずつ茹でるようにするといいと思います。
冷めるのが早かった、茹で時間が短かった
調理したのが冬だったせいか、これも1の失敗同様に火の通りが悪く、加熱がきちんとされませんでした。
沸騰しても火を止めるのは少し待ちましょう!
それか火が通りやすいように観音開きで茹でるといいかもしれません。
観音開き、やったことないんですけどね笑

2.麹に漬ける

こちらはジップロック(またまたジップロック)に入れもみもみして漬けておき、あとは煮るなり焼くなり調理するだけ!
簡単でした。
失敗はないんですがめんどくさくて結局続かなかったです笑

まとめ

今回は鶏胸肉についてお伝えしていきました!
栄養価も高く安い鶏胸肉は全ての方におすすめです!
パサパサ感も調理の方法次第でなんとでもなります。
クックパッドでもクラシルでもママでもなんでも、参考にできるものは世の中に溢れていますので
自分が美味しいと思う鶏胸肉料理を見つけ出してみてください。
この記事が原因でスーパーから鶏胸肉が消えませんように・・・。
違うか。
ABOUT ME
アバター
ゆーじ
マスターズ世界1位、アジア1位などトップレベルのスイマーが所属するマスターズチーム【Excalibur】です!このブログはメンバーの「ゆーじ」が運営しています! 各SNSにて水泳やトレーニングに関する有益情報を発信中!チェックしてみてください!愛知県、大阪府を中心にパーソナルレッスンのご依頼も承ります。